2017年7月1日土曜日

小児性的虐待でジョージペル枢機卿起訴される

                                                                     




今年2017年6月29日 オーストラリア ビクトリア警察が、ジョージ ペル枢機卿を性的小児虐待の容疑で起訴した。
ジョージペルは、ヴァチカンのナンバー3と言われ、ローマ法王フランシスの個人的アドバアイザーでもあり、彼のあと次期ローマ法王の候補にも挙がっている。現在、ヴァチカンで最も高い地位の財政長官を務めている。警察発表のあと、ジョージ ペルは直ちに記者会見して、法廷で自分の無罪を証明してみせる、と息巻いた。
彼は1996年から2001年までメルボルンで準大司教、2001年から2014年までは、シドニーの大司教を勤め、2014年からはヴァチカンで現職についている。76歳、長身でオーストラリア ルール フットボールで鍛えた体は、健康そうでがっしりしている。メルボルン警察による起訴に伴い、7月6日には予審がはじまり、7月18日には、ジョージ ペルが召還される。彼が何を発言し、何を発言しないでいるか、注目したい。

ジョージ ペルは昨年2月、ロイヤルコミッションから召還され、審議中の小児虐待の証人として証言を求められていたが、健康上の理由でバチカンからオーストラリアに来ることを拒否した。15人のレイプ被害者たちは、彼がフランス旅行から帰ったばかりなのを知って、なぜフランスには飛べてオーストラリアには来られないのか、と怒った。このとき被害者たち15人は、ビデオでロイヤルコミッションの問いに証言する彼の姿を見守るため、自費でバチカンに飛んだ。バチカンに着いた被害者たちは、記者会見にも一切応じないジョージ ペルの態度に業を煮やし、ローマ法王に会見を申し込んだが会見は実現しなかった。
ロイヤルコミッションの審議は メルボルンで彼が準大司教だったときに、ペデファイル牧師ジェラルド リズデイルが、少年達をレイプしていたことを知っていて、黙認しただけでなく教会全体で犯罪をカバーアップしたというものだった。彼の証言なしに、ジェラルド リズデイルは、今年実刑判決が出て、現在懲役に服している。

ジェラルド リズデイル牧師は、1993年から2013年までのあいだに4歳の子供を含む54人の少年をレイプしていた。当時ジェラルドと同じ家に住んでいたジョージ ペルは、彼が次々と連れてくる少年を自分の部屋に連れて行く姿を見ていないわけがない。証言によると、同じ部屋のとなりのベッドでジェラルドが14歳の少年がレイプしているのを「気が付かないで」いた、という報告もある。ジョージ ペルが被害者の家族からの報告を無視し、書類を焼却し、加害者をかばっていた罪は重い。
またジョージ ペルは自身も、ぺデファイルでいったん起訴されている。1961年にサマーキャンプで12歳の少年をレイプ、2002年に起訴され審議が始まったが、なぜか審議中に訴えが取り下げられた。様々な圧力や、被害者の自殺などが考えられるが理由はわからない。

ビクトリア警察は、2012年、カトリック教会による小児性的虐待が原因で、被害者のうち40人が自殺したと発表した。当時首相は、オーストラリアで初めての女性首相ジュリア ギラーだった。彼女はただちにロイヤルコミッションとともに、実情調査をすると宣言した。2017年のロイヤルコミッションは、1950年から2009年までのあいだ、牧師の7%が小児性的虐待をしていた、と報告。4千444件の被害報告書を提出した。被害の報告があると、教会ではその牧師を他の教区に移動させて、スキャンダルを封じており、教会ぐるみで証拠を隠滅していたことも明らかになった。

1997年、26人のレイプ被害者に対して50件の罪状をもって服役したビンセント ライアン牧師。2004年、4人の被害者、24件の罪状で服役中、余罪を審議している最中獄死したジェームス フレッチャー牧師。2009年、39人の被害者に対して135件の罪を犯したジョン デンハム牧師。まだ審議中の5人をレイプし22件の罪状を持つデビッド オハーン牧師。審議中病死した、8歳と10歳の少女をレイプしたデニス マクアリデン牧師。などなど、例を挙げるときりがない。

以前同じようなことを書いたので、繰り返しになるが、この世で最も罪が重いのは、無垢な心を裏切ることだ。子供達は牧師を信頼し教えを乞う。その師たる牧師が自分の性的満足のために子供を虐待することは、人として最も深い罪を犯すことになる。信頼を裏切られた子供は、精神的にも物理的にも傷を負い、成長過程で自分に自信を失ったり、他人との協調性が培われなくなったり、自殺や薬物依存症に走りやすい。理解者は容易に得られず、一生傷が癒えることはない。

ぺデファイルは「嗜好」であって、病気ではないから治癒することはない。被害者に追及されても、実刑に服しても、教育を受けてみても、「嗜好」を変えることはできないのだ。ぺデファイルに限らず、レイプによってしか快感を感じられない加害者は、必ず再犯を侵す。残念ながら、そういった犯罪者の存在を許さない社会を作るしかない。
オーストラリアにきて、レイプ犯罪は女性問題だと思ってきたのが、全然違って、男の子のレイプ被害の多いのに驚いた。レイプを性犯罪ではなくて、人権問題として扱わなければいけないのだと思う。

バチカンのナンバー3、ジョージ ペル枢機卿が起訴されたことは、実に喜ばしい。審議の経過を注目していきたい。

写真はサングラスのジェラルド リズデイル牧師と、ジョージ ペル枢機卿

映画「プロミス」とアルメニア人大虐殺

原題;「THE PROMISE」アメリカ映画       
監督: テリージョージ
キャスト
オスカー アイザック :アルメニア人医学生ミカエル
シャルロッテ レ ボン:アルメニア人画家 アナ
クリスチャン ベイル :アメリカ人ジャーナリスト クリス

ストーリーは
1914年 オスマン帝国の南端の街、シランに住むミカエルは、貧しいながら学業優秀で人助けのために奔走する好青年。街の有力者に気に入られ、400金貨を与えられ、首都コンスタンチノーブルにある医学校に通わせてもらえることになった。3年の学業を修めて医師になって帰り、学費提供者の美しい娘と結婚する「約束」だった。ミカエルは、婚約者を残し、喜び勇んでロバに乗って首都に向かった。
コンスタンチノーブルは、何もかも洗練された都会で、大学は素晴らしい設備を誇っていた。ミカエルは、叔父の屋敷に滞在する。大学ではエミールという学生と親しくなる。彼は、政府高官の息子で立派な屋敷に住んでいて、プレイボーイで有名だった。ある日、ミカエルは美しい画家志望の娘、アナを紹介される。彼女の知性溢れる魅力に、ミカエルは強い憧憬を抱くが、彼女にはアメリカ人のジャーナリスト、クリスという恋人がいた。毎日が、刺激に富み、希望に満ちた、日々だった。

しかし突然、第1次世界大戦が勃発し、オスマン帝国は参戦する。
同時に今まで仲良く暮らしてきたオスマン帝国のアルメニア人に対して、トルコ人が迫害を始める。あちこちでアルメニア人が経営する店や事務所が、襲撃にあって暴力を受けることになった。ミカエルは、大学から軍に引き立てられて、徴兵に応じるか、刑務所に行くかと、問われ窮地に立っていたところを、政府高官の息子で親友のエミールの助けで、医学生として特別待遇で徴兵を逃れることができた。しかし、街ではアルメニア人への迫害が激しさを増し、街を歩くことさえ危険になってしまった。

ある夜、ミカエルとアナは、教会のミサの帰り、トルコ人愛国者たちに襲われて怪我をするが、小さな宿屋の主人に助けられる。その宿で、アナとミカエルは同じアルメニア人同士の心と心が結びついて、愛し合う。翌朝、アナとミカエルが家に帰ってみると叔父が憲兵に連れ去られていた。ミカエルは婚約者の父親から受け取った400金貨を掴んで、叔父を連れ戻しに軍隊本拠地に行く。ところが叔父の救出どころか、叔父は銃殺、ミカエルは拘束されて、労働キャンプに送られる。オスマン帝国南部の鉄道施設に駆り出され、わずかな食料で重労働に従事させられた。怪我人や病人は、虫のように殺されていく。いつまでもそこに居たら酷使された末、殺されることが分かっている。ミカエルは工事現場のダイナマイトを爆破させて、逃亡する。

ミカエルは、何日も何日も素足で歩いて、遂に生まれ育った故郷の村に帰って来る。村ではアルメニア人の若い男達はみな連れ去られた後だった。かつて裕福だった婚約者の両親は、火のない家に隠れ住んでいた。両親はミカエルを喜んで迎え、娘と結婚させて、山間の小屋で新婚生活をするように段取りをしてくれた。人里離れた小さな山小屋で、二人は野菜を育て、つかの間の静かで幸せな生活を送る。しかし妻が妊娠すると栄養不足から病気になり、村に住む母親のところに預けなければならなくなった。
ミカエルはアナとクリスが近くの赤十字病院にいると知って、彼らに妻たち家族を安全なところに連れて行ってもらうように頼んだ。
アナとクリスは避難民と孤児たちを馬車に乗せて赤十字から出発し、ミカエルの家族を連れ出そうとして、村に着いたが、時すでに遅く、村はトルコ軍に襲われて妊娠中の妻も父親も誰もかも惨殺されていた。

軍人たちに追われて、クリスは逮捕されコンスタンチノーブルに戻される。罪状はスパイ罪。ジャーナリストとしてオスマン帝国軍が、国内のアルメニア人を虐殺していることを世界に発信していたことを追及される。スパイとして処刑されるところを、軍人になっていたミカエルの親友エミールが救いの手を差し伸べる。エミールはクリスを逃して、ミカエルを安全なところに逃がしてやりたかったのだ。エミールの連絡を受けて、オスマン帝国駐在アメリカ大使がやってくる。大使はクリスを釈放させて、マルタに脱出する手はずを整える。クリスは大使に伴われ、フランス軍の軍艦が停泊する海岸に向かう。しかし、エミールはオスマン帝国軍人として、あるまじきことをした、とされて銃殺される。

沢山の孤児や怪我人を保護しながら軍から逃げて来たミカエルとアナは、さらに大きなアルメニア人やクルト人難民と合流し、海岸線に達する。海には、クリスを乗せたフランス軍の軍艦が停泊していた。軍艦が難民を収容するためにボートを出し、海岸までたどり着いた難民からボートで救出する。ここでクリスとミカエルとアナは感動的な再会を喜び合う。オスマン帝国軍は、ついそこまで迫っていて砲弾を開始する。アナは孤児たちとボートに乗り込み、同じ船にミカエルも乗る。しかしそのボートは砲弾を受けて沈没。ミカエルは沈んでいく孤児たちを救出することができたが、すでに海底を深く沈んでいくアナを救うことができなかった。

アナを愛した二人の男は永遠にアナを失った。その後、クリスはミカエルにアメリカのビザ発給に力を貸し、アメリカでの生活を援助した。ジャーナリストとして活躍しその後スペイン戦争で取材中、命を失った。
というお話。

15世紀に東ローマ帝国を亡ぼして、世界にその繁栄を誇ったオスマン帝国の終焉を背景にした物語。メロドラマだが、ナチによるユダヤ人迫害と同様に語られるオスマン帝国によるアルメニア人大虐殺という歴史がテーマになっている。150万人のアルメニア人が虐殺された。いまナチによるユダヤ人ホロコーストを否定する人はいないが、いまだアルメニア人大虐殺をトルコ政府は公式に認めも、謝罪も補償もしていない。
はじめは、イスラム教のオスマン帝国で、少数民族のアルメニア人やクルト人はトルコ人と仲良く共存共栄していた。しかしイスタンブールなどの大きな都市で貿易や金融業で成功した裕福なアルメニア人商人らはカトリックを信奉。西欧との交流を通じて、アルメニア民族意識に目覚め、民族独立を願うようになってきた。一方のトルコ人のなかで、ロシアに占領されて難民となってオスマン帝国に逃れてきたモスリム難民たちは、クリスチャンのアルメニア人を憎悪した。アルメニア民族独立派と、トルコ愛国青年派は、互いに急進化し、過激化していった。

第一次世界大戦でオスマン帝国が同盟国側に付くと、ロシアは連合国側で参戦しているため、アルメニア人とトルコ人の対立は決定的になる。第一次世界大戦に敗れたオスマン帝国は崩壊し、トルコ共和国となり、1991年、アルメニアはトルコから独立した。いまだにトルコ政府はアルメニア人大虐殺は、オスマン帝国政府の計画的で組織的に行われたという、アルメニア側の主張を認めていない。アルメニアは独立したが、クルド民族はいまだにトルコでは迫害されており、ISISやシリア内戦の問題解決を、より複雑で困難なものにしている。

映画の中で、アナはパリで教育を受けたヨーロッパ人で、芸術を愛する知的な女性。クリスは世界の紛争地を取材するジャーナリストで、オスマン帝国軍によるアルメニア人虐殺を世界に向けて報道する。アナとクリスの信じる自由、平等、正義を語る結びつきは強い。そのアナの自由でしなやかな強さや、孤児たちへの献身的な態度に魅かれる、田舎出の医学生ミカエルが、アルメニア人迫害の嵐の中でアナと結ばれる。しかしアナを愛しながらも、義父との「約束」のために約束通りに結婚をし、子供をもうける。彼はアナと再会したときに偽らずに事実を伝える。隠れて、ひとりきりで悲嘆にくれるアナを見つめるクリスの苦渋にみちた姿。哀しい三角関係だ。ドラマテイックな背景に、もがき苦しむ3人の男女、、、これこそがメロドラマの骨頂です。それを美形のクリスチャン ベイルが演じるので、観ないわけにはいかない。いつも戦争映画を観るときは、このような状況に自分が居たら、自分に何ができるかと、考える。そのために観る。

昨日まで仲の良かったお隣さんが、戦争が勃発したとたんに敵となり、憎みながら殺し合うようになる、偽政者による民心操作の恐ろしさ。多民族への敵対心をあおることによって、愛国心を培養しようとする。時の権力者が、敵でもなかった人々を敵であるかのように発言し始めるとき。注意しなければならない。本当は敵なのか。他民族同士が憎しみ合い戦争が起こると、誰が得をするのか。権力者のうしろに誰がかくれているのか。目をそらしてはいけない、と改めて思う。